世間一般とずれなし?戦前3大白人ジャズギターリスト

ジャズ

こんにちは。
そしてお初の方ははじめまして!
ぼなんざぬまりんと申します。
ふだんは、大阪・ミナミは心斎橋のアメリカ村で
Bar菩南座という店をやってます。

このブログは
戦前のBLUESやJAZZの
レトロでノスタルジックな世界を
紹介するブログです。

いわゆるプリ・ウォーブルース、
アーリージャズ、トラディッショナルジャズといわれる
1920年代や30年代を中心とした
戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
紹介するブログです。

とかく世知辛い世の中で
戦前のBLUESやJAZZを
より多くの方に知っていただき
セピア色の世界に癒やされてほしいと思い
このブログを立ち上げました。

と、いうのは建前で
自分がやってる店が
しっかりとコロナ不況のあおりを受け
なんとか小銭でも稼げないかと思案し
副業アフィリエイトブログを
始めることにしました。

もちろん戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
多くの方に知っていただき
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいという想いはあります。

そういうわけで毎回、
いろんなジャンルのおすすめBIG3を
まったくもって個人的見解の
独断と偏見で紹介していきますので
どうかよろしくお願いいたします。

さて今回のネタ。
いろいろ調べてみても
戦前白人ジャズギターリストは
この3人で決定との意見が
多かったです。

戦前3大白人ジャズギターリスト

今回は
世間一般も納得の
3選だと思いますが

エディ・ラング Eddie Lung
カール・クレス Carl Kress
ディック・マクドノー Dick McDonough

を、挙げます。

エディ・ラング Eddie Lang

1902年生まれ。
もともとはバイオリンを演奏した。
1918年頃よりギターを演奏する。
1924年に初録音。
以降、数多くのミュージシャンとセッションを重ね
やがてビング・クロスビーと共演する。
1933年に扁桃腺の手術を受けるものの
麻酔から覚めることなく死去。

Eddie Lang-Prefect

Eddie Lang – Perfect

カール・クレス Carl Kress

1907年生まれ。
もともとはピアノを弾いていたが
やがてギターを弾き出す。
1926年から活動を始めるも
ほとんどがビッグバンドの一員だったため
彼の名はそんなに知られていなかった。
1930年代になり
エディ・ラング、ディック・マクドノー等と
ギターデュオで演奏を始めたことにより
名が売れ出す。
戦後はボーカリストとして活動した。
1965年に死去。

Carl Kress-Danzon

Danzon

ディック・マクドノー Dick McDonough

1904年生まれ。
もともとはバンジョーやマンドリンを演奏した。
1921年から活動を始め
1923年には自身のバンドを結成した。
1927年頃よりギターを始め
1930年代には様々なミュージシャンとセッションした。
しかし彼は日頃からアルコールを乱用し
1938年にアルコールが原因の肺炎により死去。

Dick McDonough-Dick Bernstein Ramble

Dick Bernstein Ramble by Dick Mcdonough (1934, Jazz guitar)

気になるミュージシャンをみつけたら
ぜひ、ポチってみてください。
ここで紹介した曲以外の曲にも出会え
戦前ブルースならではの
レトロでノスタルジックな世界に
あなたをいざない
セピア色の時間と空間に
癒やされることでしょう。

今回は
結構一般的な3選だと思ったのですが
カール・クレスとディック・マクドノーの
単独名義のCDを
みつけることができませんでした。
ただディック・マクドノーで紹介したCDは
3人の名演がけっこうお得な値段で
購入できると思います。
レーベルもYAZOO(戦前音楽専門のレーベル)で
おすすめです。

最後に大阪・ミナミは心斎橋にお立ち寄りの際
こんな感じのアナログレコードを
聴いてみたくなった時は
ぜひ、この店にもお立ち寄りください。
ボクがいます(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました