ちょっとめずらしくて難出?!戦前弾き語りジャズミュージシャン3選

ジャズ

こんにちは。
ぼなんざぬまりんと申します。

このブログは
戦前のBLUESやJAZZの
レトロでノスタルジックな世界を
紹介するブログです。

なにかとせちがらい現代の世の中。
そんな中で
戦前のブルースやジャズに耳を傾け
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいと思って
このブログを立ち上げました。

と、いうのは建前で
本当は新型コロナウイルスの流行により
自分がやってる商売が
もろにコロナ不況の影響をかぶり
なんとか小銭でも稼げないものかと思案し
この副業アフィリエイトブログを
立ち上げました。

もちろん戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
多くの方に知っていただき
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいという想いはあります。

そういうわけで毎回、
いろんなジャンルのおすすめBIG3を
独断と偏見で紹介していきますので
どうかよろしくお願いいたします。

さて今回のネタ。
ジャズではめずらしい弾き語りミュージシャン。
そこをいつものごとく
戦前ミュージシャンの中から
3人選んでみました。

戦前弾き語りジャズミュージシャン3選

今回は3人しか思い浮かばなかったので
独断と偏見というより
やむをえずという感じです。
戦前弾き語り3選として

  • ホーギー・カーマイケル  Hoagy Carnichael
  • ファッツ・ウォーラー Fats Waller
  • テディ・バン Teddy Bunn

を挙げます。

ホーギー・カーマイケル  Hoagy Carnichael

1899年生まれ。
後にジャズのスタンダードとなるStardustや
レイ・チャールズがカバーしたGiorgia On My Mindは
彼の作曲として有名。
また作曲家のみならずあまくけだるい歌声や
ピアノ演奏も評判となり
作曲家、シンガー、ピアニストとして活躍。
1937年以降は映画にもたびたび出演し
俳優としても活動する。
1981年に死去するまで長いあいだ活躍を続けた。

Hoagy Carnicael-Stardust

Stardust – Hoagy Carmichael – Original Version

ファッツ・ウォーラー Fats Waller

1904年生まれ。
1922年初録音。活動を始める。
後にシンガー、ピアニスト、作詞家、作曲家、
そしてオルガンプレーヤーとしても活躍し有名になる。
1943年ツアーの途中に肺炎を患い死去。

Fats Waller-Ain’t Misbehavin’

Fats Waller Ain't Misbehavin'

テディ・バン Teddy Bunn

1909年生まれ
独学でギターを始める。
1929年にスペンサー・ウイリアムスの伴奏で初録音。
1930年代はいろんなバンドを渡りあるくも
ソロやスペンサー・ウイリアムスとのデュオとしても活躍する。
確立されたギターテクニックはもとより
裏声で歌う独特の声も評判となる。
戦後はエレキギターに転向し
R&Bバンドで活動した。

Teddy Bunn-If You See Me Comin’

Teddy Bunn – If You See Me Comin'

気になるミュージシャンをみつけたら
ぜひ、ポチってみてください。
ここで紹介した曲以外の曲にも出会え
戦前ジャズならではの
レトロでノスタルジックな世界に
あなたをいざない
セピア色の時間と空間に癒やされることでしょう。

今回はなんとんく弾き語りネタを書こうと思ったものの
ホーギー・カーマイケルと
ファッツ・ウォーラーはすぐに出てきましたが
3人目がなかなか難産でした。
他にも戦前弾き語りミュージシャンをご存じの方は
ぜひ、コメントでお知らせ下さい。

最後に大阪・ミナミは心斎橋にお立ち寄りの際に
こんな感じのアナログレコードを聴いてみたい方は
ぜひ、この店にもお立ち寄りください。
ボクがやってる店です(笑)









コメント

タイトルとURLをコピーしました