独断と偏見!戦前3大インストジャズピアニスト

ジャズ

こんにちは。
ぼなんざぬまりんと申します。

このブログは
戦前のBLUESやJAZZの
レトロでノスタルジックな世界を
紹介するブログです。

いわゆるプリ・ウォーブルース、アーリージャズ、
トラディッショナルジャズといわれるジャンルの中から
おすすめの曲を紹介し
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいと思って
このブログを立ち上げました。

と、いうのは建前で
本当は新型コロナウイルスの流行により
自分がやってる商売が
もろにコロナ不況の影響をかぶり
なんとか小銭でも稼げないものかと思案し
この副業アフィリエイトブログを
立ち上げました。

もちろん戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
多くの方に知っていただき
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいという想いはあります。

そういうわけで毎回、
いろんなジャンルのおすすめBIG3を
独断と偏見で紹介していきますので
どうかよろしくお願いいたします。

さて、今回のネタ。
ジャズの世界では現在に至るまで
数多くのピアノプレーヤーがおり
戦前にしぼっても
BIG3をボクが選ぶのは
大変おこがましいことですが
そこはインストプレーヤー(楽器演奏だけで唄が入らない曲の演奏家)にしぼり
今後の都合(できるだけ紹介するミュージシャンをダブらせない)も加味して
紹介したいと思います。

戦前3大インストジャズピアニスト

本当に私的な独断と偏見で
賛否両論もあると思いますが

  • ジェリー・ロール・モートン Jelly Roll Morton
  • パイントップ・スミス Pinetop Smith
  • ジェームス・P・ジョンソン James P. Jhonson

を挙げます。

ジェリー・ロール・モートン Jelly Roll Morton

1890年生まれ(1885年説もあり)ということもあり
1910年代頃から活躍し始め
1926年には自身のバンドを結成。
「ジャズは自分が創った」と言ったことでも有名。
30年代後半、当時人気が高かったデューク・エリントンを
低く評価したこと等で彼の評判は落ちていき
1941年に寂しく病死した。

Jelly Roll Morton – Dead Man Blues

パイントップ・スミス Pinetop Smith

1920年代を中心に活躍。
1928年にPintop’s Boogie woogieを録音。
初めて”Boogie Woogie(ブギウギ)”という言葉を使う。
1929年にわずか28歳で銃撃により死去。

Pintop Smith-Pinetop’s Boogie Woogie

ジェームス・P・ジョンソン James P. Jhonson

1912年18歳にして
ピアニストとしての活動を開始。
1921年に初録音。
これが史上初めての
ジャズピアノ録音といわれてます。
1940年に納所中でたおれるも
翌年に復帰。
しかし1951年に再び脳卒中でたおれ引退。

James P. Johnson -Harlem Strut

気になるミュージシャンをみつけたら
ぜひ、ポチってみてください。
ここで紹介した曲以外の曲にも出会え
戦前ジャズならではの
レトロでノスタルジックな世界に
あなたをいざない
セピア色の時間と空間に癒やされることでしょう。

今回も全くボクの独断と偏見で
選びました。
他にもおすすめ戦前インストジャズピアニストがいれば
ぜひ、コメントでお聞かせください。

最後に大阪・ミナミは心斎橋にお立ち寄りの際に
こんな感じのアナログレコードを聴いてみたい方は
ぜひ、この店にもお立ち寄りください。
ボクがやってる店です(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました