名盤はどれ?ファッツ・ウォーラーが伴奏をつとめた戦前女性ジャズボーカル3選

ジャズ

こんにちは。
そしてお初の方ははじめまして。
ぼなんざぬまりんと申します。

このブログは
戦前のBLUESやJAZZの
レトロでノスタルジックな世界を
紹介するブログです。

なにかとせちがらい現代の世の中。
そんな中で
より多くの方に
戦前のブルースやジャズに耳を傾け
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいと思い
このブログを立ち上げました。

と、いうのは建前で
本当は新型コロナウイルスの流行により
自分がやってる商売が
もろにコロナ不況の影響をかぶり
なんとか小銭でも稼げないものかと思案し
この副業アフィリエイトブログを
立ち上げました。

もちろん戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
多くの方に知っていただき
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしいという想いはあります。

そういうわけで
毎回いろんなジャンルから
個人的な独断と偏見でBig3を選び
紹介していきますんで
よろしくお付き合い下さい。

さて今回のネタ。
弾き語りで有名なファッツ・ウォーラーですが
ピアノ伴奏に徹しているときもありました。
そんなパターンの曲を
いつものごとく個人的見解で
3人(3曲)選びました。

ファッツ・ウォーラー Fats Waller

とりあえずはファッツ・ウォーラーの紹介。
1904年生まれ。
1922年に初録音。
1929年彼が音楽を担当したミュージカルが大ヒット。
以降も音楽を担当した映画がヒットする等活躍したが
1943年に肺炎で急死。

ファッツ・ウォーラーが伴奏をつとめた戦前女性ジャズボーカル3選

そして本題。
みつけることができたボーカリストの中での選択なんで
かなり限られますが
多分こんなもんでしょう。

  • アルバータ・ハンター Albeta Hunter
  • サラ・マーティン Sara Martin
  • ヘーゼル・マイヤーズ Hazel Meyers

を選びます。

アルバータ・ハンター Alberta Hunter

1895年生まれ。
1914年頃より音楽活動を始め
1917年にはヨーロッパツアーをはたす。
1921年初録音。
以降もアメリカとヨーロッパの両方で活躍するも
1957年に一度引退。
看護師として働き出す。
1960年代から何曲かレコーディングセッションに参加しだし
1976年より本格的に活動を再開。
1984年に死去。

Alberta Hunter & Fats Waller-Stingaree Blues

Stingaree Blues (feat. Alberta Hunter)
サラ・マーティン Sara Martin

サラ・マーティン Sara Martin

1884年生まれ。
1922年に初録音。
以降もレコードやステージで活躍し
1929年には映画にも出演した。
1932年以降は表舞台から姿を消し
1955年に死去。

Sara Martin & Fats Waller-‘Tain’t Nobody’s Bus’ness If I Do

'Tain't Nobody's Bus'ness If I Do
おそらく史上初めての’Tain’t Nobody’s Bus’ness If I Doの録音といわれてます

ヘーゼル・マイヤーズ Hazel Meyers

生年不明。
1922年に初録音。
1926年までに計41曲レコーディング。
1930初頭まで活動してたと思われる。
死年不明。

Hazel Myeres & Fats Waller-(I’m Gonna See You) When Your Troubles Are Just Like Mine

[I'm Gonna See You] When Your Troubles Are Just Like Mine
MP3アルバムになります。CDはありませんでした。

気になるミュージシャンをみつけたら
ぜひ、クリックしてみてください。
ここで紹介した曲以外の曲にも出会え
戦前ジャズならではの
レトロでノスタルジックな世界に
あなたをいざなうことでしょう。

今回はまさに
1920年代女性ボーカルの歌声ばかり
聴いてもらうことになりました。
他にもおすすめの
ファッツ・ウォーラーが伴奏をつとめたジャズボーカルで
おすすめがあれば
コメント欄でお聞かせください。

最後に大阪・ミナミは心斎橋にお立ち寄りの際
こんな感じのアナログレコードを
聴いてみたくなったときは
ぜひ、この店にお立ち寄りください。
ボクがやってる店です(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました