独断と偏見!戦前3大女性ボーカル

ジャズ

こんにちは。
ぼなんざぬまりんと申します。

このたび、戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界をみなさんに伝えたくて
「戦前音楽愛聴倶楽部」というブログを立ち上げました。

と、いうのは建前で
本当は新型コロナウイルスの流行により
自分がやってる商売が
もろにコロナ不況の影響をかぶり
なんとか小銭でも稼げないものかと思案し
この副業アフィリエイトブログを
立ち上げました。

もちろんボクの好きな戦前のブルースやジャズの
レトロでノスタルジックな世界を
多くの方に知っていただき
セピア色の時間と空間の中で
癒やされてほしい気持ちもあります。

そういうわけ毎回、
いろんなジャンルのおすすめBIG3を
独断と偏見で紹介していきますので
どうかよろしくお願いいたします。

さて、一発目のネタは
ジャズの花形ともいえる女性ボーカル。
その中でもあまり知られていない
戦前3大女性ボーカルの紹介です。

戦前3大女性ボーカル

あくまでボクの独断と偏見ですが

  • ベッシー・スミス Bessie Smith
  • チッピー・ヒル Bertha Chippie Hill
  • アイダ・コックス Ida Cox

を挙げます。

ベッシー・スミス Bessie Smith

“ブルースの女帝”と異名をもつ。
マ・レイニーの前座として活動をはじめ
1923年に初録音。
1937年に弱冠39歳で自動車事故により死去。

Bessie Smith-Down Hearted Blues

チッピー・ヒル Bertha Chippie Hill

小柄だったことから”チッピー”というあだ名をもつ。
1925年に初録音。
1950年に交通事故で死去。

Bertha Chippie Hill-Trouble In Mind

アイダ・コックス Ida Cox

小さい時から教会で歌っていて、
家出してミンストレル・ショウ(旅音楽芸人一座)の一員となる。
1923年に初録音。
1945年に心臓発作で倒れ一度、引退。
1961年に一時的に復帰したものの
1967年に死去。

Jda Cox-Death-Lonesome Blues

気になるミュージシャンをみつけたら
ぜひ、ポチってみてください。
ここで紹介した曲以外の曲にも出会え
戦前ブルース&ジャズならではの
レトロでノスタルジックな世界に
あなたをいざなうことでしょう。

最後に大阪・ミナミの心斎橋に来られた際は
ぜひ、この店にもお立ち寄りください。
(ボクがやってるお店です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました